渋いバラの花

昨日はボランティア前の観察の前に市役所の知人に、一昨日の鳥さん情報を。
自然観察が大好きな彼は興味津々、市のInstagramへ投稿をとお誘い。
今のところ、どうしようか迷っています。
市役所に寄ったため観察時間はいつもの半分となったので、観察コースも南側半分に。
観察で歩いても暖かく感じました。
しかし、昼が近づくにつれ雲が厚くなり肌寒くなってきました。
午後はトマトを届けに義兄宅へ、義兄は仕事で不在。
帰る頃になると雨がパラつき始めましたが、短時間でやみました。

R2 himarayasugi 1-27 (2).JPG

1月27日の四季の森。
ヒマラヤスギの下で何かを拾っている方を時々見かけます。
その中には友人のハチクマさんも。
拾っているのは上の写真。
茶色っをしたシックなバラの花のように見えるものの正体は、ヒマラヤスギの松ぼっくり。
この松ぼっくりは松のものと違い、バラの花のように見える上部だけを残し下の方はバラバラになって散ってしまいます。

R2 himarayasugi 1-27 (3).JPG

真ん中の松ぼっくりは間もなく下部が散りそうになっています。

R2 aoji 1-27 (3).JPG

アジサイの丘の地面にアオジ。

R2 aoji 1-27 (4).JPG

近くにカシラダカも。

R2 kasiradaka 1-27 (5).JPG

R2 kasiradaka 1-27 (6).JPG

近くにはツグミも。

R2 tugumi kasiradaka 1-27.JPG

シジュウカラもいました。

R2 sijyukara 1-27 (2).JPG

シロハラは木の枝に移動。

R2 sirohara 1-27 (2).JPG

ジョウビタキ。

R2 jyobitaki 1-27.JPG

池ではアオサギ。

R2 aosagi 1-27 (4).JPG

咲き誇るスイセンを目当てにカメラマンが訪れています。

R2 suisen 1-27.JPG

この日の観察は、ここまで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント